ゆとり世代のプロサッカー選手。丸山龍也のオフィシャルブログ。現在は欧州リトアニアでプレー中。

2013年4月20日

オンリーワン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



なりたい人の真似をする。



ニュアンスは違えど、色んな人に出会って最近やたらとこの手の問題にぶつかります。


なりたい人。
なりたい人。
なりたい人。


・・・・。


てんてんてんてんっまる。






この時は誰!
あの瞬間はあの人!
こうしてる時はアイツ!


その瞬間、その瞬間で、「この人!」って人はいるんだけど。


人生を通してこの人!ってのいないんだよね。


まあ、そんなもんか?みんな。



こいつ!!!!って人に出会えれば、もっともっと!とも思うんですけど。



はい、ないものねだり2013春。



















サッカー。
見てて偉そうなこと言えるレベルは、2回の怪我でかなり上がったと気がする。
イイカンジイイカンジ。


でも自分がピッチに入った時、もっとプレーしはじめたとき。
そのイメージ通りに出来るのか?(出来ないんだけど)ってのが不安というか。

考えてやってれば成長はするから悩むことはないんだけど、そのギャップを埋めるスピードをどれだけ速くできるのか。

プレーの幅にも量にも強度にも制限がある中で、どれだけ短い時間・短い回数で埋めていけるか。





小学校の時から常に周りからは下手なキャラに定義付けられ、自分でも本当は中田ヒデさんみたいにプレーしたいのに、「俺は下手だしセンスがない」って固定観念というか既成概念があって、自分なりに考えて見つけた活路は「がむしゃらにやる」。


下手だけどがむしゃらにやって、思い切りやればどうにかなると思ってたし、むしろそれが武器だなとも思ってた。というか最近まで完全にそれだった気がする。


今思えば、そんな周りの雑音にも負けず、テクニックを極めることを考えてれば良かったけど、まーーーーそこが潜在的、才能的弱さなんだろうな~~~
フェイントとか練習しても、試合で試すとミスって怒られるから、思いっきり蹴る壁に練習ばっかりしてた気がする。

本当は周りに何を言われようと、成功するまでトライすればいいと思うんだけど・・・既成概念は怖い(笑)




出来ないもんだとばかり思ってた気がする。

たまーに上手いこといってニコニコしても「あーーでもこれは違うんだろうなー」って内心では感じてた気がする。

クーバーとか行ってフェイントとか覚えはじめた時はサッカーが鬼楽しかったけど、週末の試合だとキャラ的に違うことをやらなきゃって感じだったから、小5ぐらいになるとなんかそのギャップに悶々としていた気がする。


とか思ってるうちに小6とかになると、サッカー好きだけど、なんかボール蹴る回数が減った気がする。

放課後はサッカーするより、秘密基地作って水風船とか落とし穴仕掛けてイタズラしまくる方が楽しくなっていったような気がする。








どっかから引き抜かれることはなかったので、なんか嫌だなと思いながらも中学校で部活に入った。
まあでも、先輩もそんなやる気ないし、学校も強くないのが逆に良かったのか?
なんとなく試合に出れちゃってた僕は、調子に乗れたので中田熱が再燃?

勝手なことばっかりやって、中1とかやたらサッカーが楽しかった気がする(笑)

でもTHE井の中の蛙で、中2になって世界が広いことを知ってしまうと、今度は意図的に下手だからがむしゃらキャラに変化していった気がする。


んでそこから今日まで「下手→がむしゃら」な期間は続き、その割り切りはベトナムとか岩手とかでも良かった気がする。
















さて、話は変わり二回の怪我。

こうなってしまうと、完全に復帰するまではがむしゃらにはできない。
なるべく動かず、なるべく頑張らず。

膝も曲げたくないし、変な身体の向きとかもしたくないし、走りたくないし、細かくステップも踏みたくない。
インサイドキックも踏み込んで蹴りたくないし、身体はぶつけたくないし、競り合いたくないし、難しいターンとかやったら終わるし。


がむしゃら系が唯一の自分の長所だと思い込んでいたので、1回目の復帰の時もストレスしか溜まらなかったけど。




これは大チャンスな気がする。





「自分は下手だから!がむしゃらにやります!」みたいに言って、逃げてた部分にぶつかりはじめた。

おっさん並みの運動量と、一般人以下の身体のポテンシャルで、どうやってサッカーをするか?



がむしゃらさとは対極の、凄くスマートな部分が要求されはじめてるような気がする。




長い目で見ると良かったのかもしれない。


がむしゃらに続けてたらプロになれる確率は0.005%ぐらいだと思うけど、スマートにできるような感覚を持ちつつ自分の良さを出していけば、5%ぐらいに上がる気がする。

















さて、気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする
気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする気がする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加