ゆとり世代のプロサッカー選手。丸山龍也のオフィシャルブログ。現在は欧州リトアニアでプレー中。

2011年8月31日

 遅くなりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


まずはじめに、グルージャの大原選手の怪我が一刻も早く、回復することをお祈りします。













お騒がせしています。

決勝戦のその日、次の日と4,5回ブログを更新しようと思いましたが、iPhoneのアプリが落ちに落ちまくって、ブログ更新できずでした。
言いたいこと、伝えたいこと、言い返したいこと、受け入れたこと。

いろいろあるんですけど、まずは決勝戦に負けてしまい、応援してくれた人たちには勝利をプレゼントできなくてすみません。そして、勝利の可能性を0にグッと近づけたのは僕です。重ねて申し訳ないです。



ということと、



チームメイト、監督、スタッフ、友達、応援してくれる人がこんな自分でも支えてくれることに感謝したいです。











正直な話、お前死ねとかサッカー辞めろとかは、なんとも思わないというか、グルージャのサポーターからしたら自分のチームの選手が怪我させられたら当然言うことだと思うので、ショックはなかったですが





応援してたけどガッカリしました・・・というコメントが一番辛かったです。本当に申し訳ないと思います。

友人が6人も見に来てたのに加え、サッカースクールの子たちや近所の人たちがたくさん見に来ていて、テレビで応援してくれている人もいるのに、俺は何をやってるんだという気持ちでいっぱいでした。







これ、今出すのは卑怯かもしれないけど。



ゆとり世代フットボーラー・丸山龍也






前日にこんなん作ってゴール決めた時か、優勝したら出そうと思って仕込んでました。

試合前日のブログに書いたようなことがあり、俺だけのサッカーでも仲間内だけのアンソでもないなとめちゃめちゃ感じていました。



マジでかっこ悪い


気合いが入りすぎて空回りした!といえば、大原選手に本当に失礼なのですが、空回りしてしまいました。





ありがとうどころかごめんなさいです。ごめんなさい。

本当に勝ちたかったです。









チームメイトや使ってくれた監督には頭が上がらないです。

ビデオで10人になっても、9人になっても懸命に守ってワンチャンスをものにしようとしているのを見ると何も言えない。
天皇杯に出るチャンスが最後だった選手もいるかもしれないし、色んな理由で燃えてた選手もいるし、俺が出る代わりにベンチで悔しい思いをした選手もいます。


正直、あいつのせいで・・・って気持ちはみんなあると思いますが、それでも落ち込んでる自分を励ましてくれる仲間には、謝っても謝っても謝りきれない・・・。ごめんなさい。







見に来てくれた友人にもなんて言ったらいいかわかりません。
わざわざ来てくれて、本当にありがとう。




色んな人がメールや電話をくれました。返してない人もいるけど、本当に感謝です。



監督に連れられて手伝いにいった保育園のサッカースクールで「レッドカード~」と4歳5歳の子が言うのを聞いて、影響の大きさを改めて実感し、このまま横浜に逃げ帰っちゃしゃーないなと思いました。
失った信頼を取り戻すとかよりも、ちっちゃい子や八幡平市民の人に残念な思いをさせた分を取り戻すしかないなと感じました。

とりあえずクラブ選手権に出ること、そして勝つことが酬いになると思うので、とにかくそこへ向けて頑張りたいと思います。







見に来てくれた友人には、あんなに下手で試合も出たり出なかったりの龍也が今はこんなんになったぜ!
と胸を張って自慢できるような選手になって恩返ししたいと思います。







今回の件のおかげで・・・と言えるように頑張ります。




コメント欄は閉じないし、批判や罵倒などでもすべて受け入れますので、何か言いたいことがあれば書いてください。質問があれば答えます。



本当に申し訳ありませんでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加