ゆとり世代のプロサッカー選手。丸山龍也のオフィシャルブログ。現在は欧州リトアニアでプレー中。

2015年1月21日

完璧主義は何かしなきゃ何かしなきゃ、と思うほど。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


何かしなきゃ、何かしなきゃ、と思うほど。何も出来ない。

 

とあるスポーツメンタルコーチの方によりますと、こんな感じで、「何かしなきゃと思ってるのに何も出来ない人」というのは、完璧を求めすぎ嫌いがあるそうです。

 

 

完璧を求めるあまり完璧以外の結果になりたくなくて、完璧に出来そうもないとほんの少しもやらなくなってしまう。

 

 

 

例えば、自主トレにしても、完璧主義であれば

「自主トレは30分ランニングした後に軽いストレッチと筋トレを入れ、その後にスプリント系のフィジカルを挟んだ後にボールコントロールのトレーニング、最後はシュート練習で自分が設定した数だけゴールを決めたら終わり・・・」

のような設定を立てちゃう。

ほんで、その練習に対して意欲的に挑める時はいいのですが、少しでも自分の足を引っ張る要素があると練習を完璧に遂行出来なそうなので練習自体出来なくなる。

 

 

100の設定を100で出来ないと、0になっちゃう感じです。

 

 

 

 

 

俺はどっちかってとそのタイプみたい。完璧主義なんて思ったことないし、そうじゃない!って思ってたけど、久保田勲選手とかに「丸は完璧主義だからさ〜」とか言われ続けて気付いた。私は完璧主義です。

 

何もかも適当だから、完璧なんて遥か彼方に感じてたけど、完璧主義だからこそ色々できなくなってたわけですわ。

そしてこのタイプは多分アスリート的な面で言うとほとんどデメリットしかないと思う。

 

 

 

 

15分でもランニングすれば違うし、30回でも腹筋すれば何か変わる。それは十分わかってるのに、完璧なメニューを完璧に遂行できる環境が整わないと、1分も走れないし、1回も腹筋出来なかったり。

 

 

 

 

 

 

なんか、しっかりした準備でしっかりしたトレーニングじゃないとやりたくなくて、靴とかもTPOに合ったものを用意したいし、トレーニングツールもしっかり用意したいし、時間も十分、栄養も睡眠も十分、体調万全でコンディションは◎・・・という状況ではじめて意欲的にトレーニングできるというわけ。

 

今だと慢性的に膝や指が痛いから、少しだけでも動こうという気がますます失せてしまう。

 

書いてて嫌になる。はあ

 

 

 

 

例えば、外が寒かったら、防寒対策がバッチリじゃないと動けないわけです。

 

ボール蹴る公園がクレーだったら、トレシューがないと蹴りたくないわけです。

 

体幹トレーニングもヨガマットがないとやる気が出なくて

 

フィジカルするならプロテイン準備出来てないと追い込めなくて

 

何かのトラブルで練習場に入るのが遅れそうだと、怪我とかしそうだから練習自体やりたくなくなったり。

 

 

 

 

・・・・。

 

 

 

 

 

俺はそういう自分をよく知っているからこそ、靴は邪魔でも10足近くスーツケースに入れてきたし、トレーニングメニューの本とか買ったり動画をダウンロードしたりするし、ヨガマットはその都度買うし、ボールもなかったら買うし、防寒グッズも豊富だし、ケガ対策も色々するわけですが。

 

それでも人間生きてて100%の状況なんてなかなか作れるわけでもなく。

結局0%だったという日が続いてしまうことも屡です。

 

 

 

 

小学校の頃からそういう部分はあった。

それは親の影響でもあると思うし、やたら自伝とか読んで「世の偉人は超ストイックだ」みたいな潜在意識もあるかもしれないし、学校やサッカーで自分の欠点を指摘し続けられてきたことなのかもしれない。

サッカーだけじゃなく勉強とか仕事とかもそうで、5分だけでも積み重ねるようなコツコツさができなかった。何故なら俺にとっての完璧は、5分を毎日続けることでなく、100%の意識で3時間ぐらい本気でやることを続けることだから。

トレーニングや勉強を5分で終わるなんてただの甘えで、「5分しか出来ない」自分に出会うのが嫌なんです。どうせやるなら本気で。本気でやれないならやらない。

 

 

 

 

まあなんでもいいんだけど、結果的に選手としてタフさのない自分が出来上がってしまったわけで、見つめなおしてどうにかせねばならないわけです。

 

 

 

完璧主義は完璧でいられるのなら大きな長所だけど、俺みたいななんちゃって完璧主義は言い訳大量生産マシーンでしかない。やらない理由を見つけ出す天才になってしまう。

 

 

 

 

「ま、こんだけやっとけばいっか」

っていう、適当な気持ちでも少しずつ何かを積み重ねられる方が、その辺のクソみたいな完璧主義よりよっぽどよくて。

 

 

 

 

 

 

自分を変えないとダメです。毎日本気で全力で生きる!なんて、毎年正月に思ったりするけど、そんなの無理難題で、もう実際問題として不可能じゃないですか。

だから、5分でも5回でも適当でもふざけてでもいいから何かを積み重ねる。

 

 

そういう2015年にしないとどうしようもないぞ。

 

 

 

 

完璧よりも、積み重ねコツコツ主義で、ね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加