ゆとり世代のプロサッカー選手。丸山龍也のオフィシャルブログ。現在は欧州リトアニアでプレー中。

2014年11月17日

審判のストライキと親指第一関節

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

俺達の準備は出来てる、相手チームも会場入りしてる、ピッチの芝も刈られてる、客も入り始めた、でも審判が来ない・・・。

 

 

 

 

 

 

 

今日の試合までのコンディション調整は非常に良かった。

昨日の練習はスリランカに来て一番身体が軽かったってぐらいだったし、モチベーションの調整もすごく良かったと思う。

スリランカに来てからというものの

  • 試合前日までどんどん練習量を落とす
  • エネルギーを蓄える「カーボローディング」をするために、試合2日前から当日ぐらいまで炭水化物を多く摂る
  • 試合前日の夜はモチベーションの上がる動画(ドキュメンタリーなど)を見る
  • バスや移動中はテンションの上がる音楽を聴いてアゲてく

ということを意識してコンディション調整をしてました。

でも、怪我してるってのはひとつの原因だとして、それを差し引いても試合にピークが合ってないって感じはしていたので、今週はそれを全て真逆

にすることに。

 

 

 

ということで練習量は減らさず、炭水化物はいつも通り少なめ、モチベーション動画は見ないで、音楽はリラックス系をスピーカーで流しながら今日に臨みました。

 

感覚的には悪くなかったと思う。程よくリラックスできて、良い感じの心の持ちよう。入りすぎず抜きすぎず。

あとは肝心の試合でどのぐらい動けるのか?ってところ。

 

 

中2日、3日で公式戦が続くような日程はアマチュア時代を含めても初体験。もしくは、体験してたとしても何か意識してコンディション調整をすることはなかった。

これからプロでやってくならそんな日程にも柔軟に対応していかなきゃいけないわけで、色々と試しながらベストの調整方法を見つけたい、、、、そのためにも今日の試合は大事だな。

 

 

 

 

 

と思ってたのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

なにやらスタッフが騒がしい。

 

 

 

 

 

 

 

トゥデイ!ノーマッチ!そんな声が聞こえてきたのはキックオフ25分前のことだった。

 

 

 

 

 

どうやら、昨日行われてたの他試合で、判定に納得いかなかった選手がレフェリーを殴ったそうな。

それで審判団が怒って、なんとストライキ。今日ゲームが行われるすべての試合会場で、審判が会場入りしてないらしい…

 

というわけで今日の試合は無しになりました。マジかよ。うちはホームだから良いけど、アウェイチーム。。。

サッカーって人間がやることですから、時にそんなこともあるでしょう、と常日頃思ってますので、「審判を殴るというのはスポーツマンとしてうんたらかんたら」みたいなことを言うつもりはないんですが、他のチームに迷惑かけちゃいかんねえ。

 

 

まあこれがアジアンフットボールです。クレイジー。帰国した時に話すネタにはなったからいいかな。。。しゃーない。

 

 

 

 

 

てか、日程消化できるのか!?!?

 

 

あと6試合。今年中に終わるのか本当に、、、次の国に飛びたいし、移籍マーケットは大概1月には閉まるからうだうだしてたくないんだけどな。日程キツくなるのもつらい!

 

全部良い経験にしましょ。

 






ということでクラブハウスで遊んでたオフショットをどうぞ(笑)

 

 

その後はフィジカルとゲーム形式の練習をやりました。

 

実は走れるようにはなったものの、まだ親指の第一関節が自力どころか他力でも曲がりません。というわけで、トレーニングを積んできた「反発の動き」とかは全くできず、ドリブルのキレが悪い

コンディション自体はいいのですが、ドリブルができないというジレンマ。なかなか苦しい。

左足の親指で踏ん張るのができないので、例えば右足のアウトサイドで中に切れ込む動きができない。インサイドで縦に出るのは出来るんだけど。

左足のインサイドで切れ込むのも、左足自体のタッチが痛いし、タッチしたあとの踏み込みが弱いので難しい。結局シュートは右で打つわけだから、これは結構厳しい状況です。正直。

 

 

 


日本の菊池トレーナーに相談したところ、くっつくまでに色々あったこととかで、壊れた筋繊維とか神経とかが固まってくっついてるそうな。

これは放ったらかしてても治らないので、自分で無理やり壊す作業が必要らしい。

 

なので毎晩痛い思いしながら、無理矢理指を曲げたりグリグリしたりして、くっついてしまった第一関節を動くように頑張ってます。でも治らないんだよね

 

とまあ、俺も周りも色々と課題だらけのスリランカライフですが、頑張ります。





PS.俺の背番号「9」のユニフォームを買ってくれたラシットくん12歳。彼が作った我がチームのフォーメーションボードです。

 

「マルはストライカーだから、ピンクのエリアでプレーするんだよ!」と言ってました。間違いない。ゴール前で勝負しないとね。

 

 

 

足が痛くても審判が来なくても、ファンが応援してくれるなら頑張ろう。それがプロサッカー選手や。

 

 

 

ほんじゃ、また明日!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加