ゆとり世代のプロサッカー選手。丸山龍也のオフィシャルブログ。現在は欧州リトアニアでプレー中。

2016年2月19日

ごはんを奢ってもらった時のマイルール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
jesp

日本にいるときご飯を奢ってもらうことがある。

安いもの、高いもの、美味しいもの、人気のもの、いろいろあるけど、例えそれがまずくたって嬉しい。

俺は別に、一緒にいて人に得をさせる人間ではない。ルックス的にかわいがってもらえるようなタイプでもない。俺に飯を奢ることで、その人は何の見返りもないのだ。

でも、なんでご飯のお金を出してくれるのか。

それは、期待してくれてたり、頑張れよって気持だったり、そういうことなんだと思う。

俺はそれをすぐに返せないけど、返せないことに胡座を掻いてるわけにはいかない。

だから、ご飯を奢ってもらったら、すぐに本を1冊買うようにしてる。奢ってもらった分、成長できるように、本を読む。

大した期待なんてかけてもらってない。でも、小さな期待を色んな人から少しずつかけてもらってる。それに応えないとと思うと、熱が出るような気分になる。熱出してる場合じゃないから、本を読んで勉強する。

自分はとても小さい。俺が思ってたより、俺は小さいというのに、カレンダーが進むたびに思わされる。
なんでもできると思ってたけど、何もできない。何もできない自分に、何かできるよというパワーが送られる。それに応えるためには何かできるようになるしなない。

「○○しないといけない」
こういう言葉で自分を奮い立たせるのは、しんどい。躍起になってるつもりでも、ティッシュを使うようにメンタルをどんどん消費していく。

それでも、成長しないといけない。

バカは死んでもなおらない。でもバカも勉強すればなおる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加