ゆとり世代のプロサッカー選手。丸山龍也のオフィシャルブログ。現在は欧州リトアニアでプレー中。

2015年8月8日

CLに行くかもしれないし、行くことを諦めるかもしれない4ヶ月にしますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
jesp


Labas!
昨日、帰国していた日本からリトアニアに戻ってきました。1ヶ月ほどブログを更新していませんでしたが、その間に23歳になったことを始め、相変わらず素晴らしい経験を数多くさせていただきました。またそのことは少しずつブログに書いていけたらと思います。

SY32スーツケースsweetyears

 

 

 

 

とりあえず昨日の話です。

訳あって軽井沢まで原チャリで行き、夜に帰ってきた勢いで色んな人に挨拶をし、そのまま朝方成田へ突入。成田、コペンハーゲン、リガ、ヴィリニュスと乗り継いでリトアニアに到着しました。

 

しかし、リトアニア到着した瞬間に、クビ疑惑が一瞬浮上して。
まさかのついた瞬間フリーに!?!?!?!?!?!というすげえ展開になりました。
いや、飛行機が遅れたんですけど、マネージャーが来るの遅いから要らない的なことをこのタイミングで言いはじめまして。そうなりたくないから毎日連絡とってたのに。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本にいるときに教えてもらった考え方があります。

 

それは
ネガティブなことがひとつあったら、それに対するポジティブなことを3つ考えるといいよ。

 

という考え方なことです。
これは結構、個人的に画期的な考え方でした。というのも、丸山は根がネガティブなので

「俺はどうしてネガティブになっちゃうんだ」
「トップ選手はポジティブなのに」
「だから俺はクソなんだ」

的な感じに陥りがちです。

 

でも、この考え方だとネガティブに陥るのは当たり前、むしろ計算内、想定内。そこからプラス3つ考えよう!ということなので、アイデアマンな俺には全然いい話でした。

 

 

なので、クビになりそう疑惑があった時に色々ポジティブなことを考えちゃいました。みっつ。
「これを機に、もっと良いクラブへ行ける!!!」
「もし日本に帰ることになったら、みっちりトレーニングしてもっと上手くなる!」
「っていうか、ちょっと遅れたらクビになるぐらいの実力だということがわかってよかった!」

 

 

クビなるというネガティブに対して考えた、このポジティブ3点を胸に。とりあえず首都ヴィリニュスから我町タウラゲへ。
とりあえずついた旨を報告したら、ディレクターから電話。

「今から試合だ。お前をピックアップするから準備しろ!!!!」

 

というわけで、タウラゲに着いたのが1時45分。そこから2時集合の場所に連れて行かれ、そのままバスで長距離移動。スタメンフル出場、無得点でした。

 

 

 

ずっと椅子に座ってたわけです。軽井沢まで原チャリで行った頃から。
寝てはいたけど、空の上で座りながら。もちろんエコノミー・・・
ヴィリニュスからタウラゲまでも、乗り換えがありながらバスで大体4時間。

そこからさらにバス。。。試合。。。。

 

 

「俺、過酷な移動で試合こなすとか中田みたいだな!」
「仮想、リーグ戦とCLと代表戦を同時並行する日程の時!」
「逆に気合入れすぎずに出来る!」

鬼疲れてる中で試合というネガティブな状況に、ポジティブ3つを考えてみました。

 

 

が、結果は出ず。試合も負けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追々書いていこうと思うのですが、この半年はCLに出る、出ないが決まる半年だと思っています。
移籍なども試みたんですが、結果を出してないクソサッカー選手丸山がそんなの上手くいくわけもなく、逆に上手くいってもきっと自分が出来る力以上のステージになってしまうので、多分数字は出ない。

丸山は、リトアニア2部最下位、超過酷な環境。。。が、今の自分に相応しい場所なわけです。

その「自分に相応しい場所」で結果を出せないのなら、多分ステージが上がっても難しいなと冷静に思っています。

 

 

 

 

 

 

自分のプランでは、この夏にどこかの1部リーグに移籍している予定でした。
まあ、予定が崩れるというのは仕方がないとして、思い描いた成長曲線が描けていないのは事実。

 

 

 

 

 

 

 

 

夢はいつまでも見ていいものだとは思いますが、叶わないのならどこかで潔く諦めるのが一番いいと思います。
辞める時は潔く、爽やかに。続けるのならいつまでも、泥臭く。

 

 

 

 

 

 

 

 

シーズンは残り4ヶ月。この4ヶ月にしっかり自分が出来ることをやれれば、CLに出れる。やれなければ出れないから諦める。そういう4ヶ月にします。
良くも悪くも覚悟はできてる。

 

 

 

 

なんか、シリアスな背水の陣を引いてるわけではなく、冷静にそう思っています。気負ってないし、ゆるんでもない。冷静、普通、淡々。

 

 

 

 

 

 

ただ、もちろん出る気は満々です。
だから、やれることをしっかりやってこう。

 

 

 

 

とりあえず、リトアニアの後半戦が始まりました。いつもそうだけど、これもまた人生の分かれ道。急成長しよう、丸山。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加