ゆとり世代のプロサッカー選手。丸山龍也のオフィシャルブログ。現在は欧州リトアニアでプレー中。

2015年6月4日

優しいことが長所?空気を読むのが長所?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
jesp


1年半ぐらい前に教えてもらったことがある。それが
「マルって、自己中だけど実はとても優しいよね」ということ。

 

言われた時は「はあ・・・?」って感じたけど、だんだん確かにそうなのかもしれないって思うようになって、そのうち俺って優しいなって自分で思い始めたりして、今では自分自身の好きなところのひとつ。そう、俺は優しい(笑)自分で言うなという話だが、優しい。

 

これは結構、微妙な説だ。なぜかというと、多くの他人は俺と優しいが結びつかないし、当の本人だって、自分を自己中でわがままで自分勝手な人間だと思っていたわけで。
でも、多分、俺が優しい節は間違ってない(笑)さすがに、「何故優しいか?」的な理由を並べるのはやめとこ。それはキモい。ナルシ過ぎる。

 

 

 

優しいというより、お人好しというか、ノーと言えないというか、そういう側面もあると思う。

 

 

その時に発動するのが「空気が読める」という長所。
※ちなみに、「空気を読んで行動する」ではなく、「空気を読める」というところだけ。空気は読めるけど、その空気が求めてる通りには動かない(笑)

 

優しすぎてノーと言えないので、全力で空気を読んで、そもそもノーという場面を全力で回避する。という選択ができる。これが海外に来て役にたっている。
外国人は図々しいから、めちゃくちゃなこと言ってきて断るのもしんどいことが多々。それにノーと言えない自分がいるのがわかってるから、そもそもそういう状況にならないように全力で回避する。

 

 

 

 

 

優しいと損

 

 

でも最近思う。
優しいと損をする。あちゃーー、とうとうそんなこと言いはじめたぞ丸山。

 

 

 

そもそも優しさというのは無償のもの。100万円あげるから優しくしてください!はいわかりました、優しくしますよ!なんてのは優しさではなく、癒やしに近いものだ。

癒やしや安らぎは金で買えるが、優しさは金では買えない。

 

対価も要求できない。俺はあなたに優しくするから、あなたは俺に優しくしてしてよ?という契約は成り立たない。それは優しさではなく、バランスをとる行為だから、空気を読むとかそっちに近いかもしれない。

 

とにかく、優しさはフリーだ。タダ、無料。
相手のことを思って、相手の気持ちになって、見返りなんて要らねーけど優しくさせてくださいお願いしますほんとにマジで頼むガチ(ry
ってのが優しさの本来あるべき姿だ。

 

 

 

 

でも世間は優しくない。どっちかって言うと厳しい。
だから俺が優しさを振りまいても、同じ分だけ返ってこない時がある。

 

 

 

そうなると、

 

 

「俺は優しくしてんのに損じゃね!?」

 

 

ってなる瞬間がある。

冷静に考える。俺は色んな人に優しくされてきた。周りの大人に小さい頃から助けられてきたし、困ったときは友人が支えてくれた。詐欺にあった時は、色んな人が身銭を切ってくれた。

たくさんの人が俺に優しさを与えてくれた。だから、今度は俺が誰かに優しくしてあげる番だ!と思ってみる。

 

 

これで一旦落ち着く。また優しくする。でも世間は相変わらず厳しい。決して俺に優しい世界ではない。

 

 

そうなると、新しいことを考える。

優しさを与えてもらったから、他の人に優しくするのはありだけど、目の前のこいつとの関係じゃ損じゃね!?やっぱ!!!この優しさ、この人に与えるぐらいなら他に回したいわ!

となってくる。

んで、他の人に優しくしてみたりするんだけど、結局は優しいから、目の前のそいつが困ってたら優しくしてみたりする。それでますます損していく。
「優しさは損得じゃない!」とか言い聞かせてみたりして、どんどん優しさを世間に提供していく。んで疲弊していく。

 

 

 

TSUTAYAとゲオ

例えば、TSUTAYAで借りたDVDをゲオで返してたらTSUTAYAは損ばっかり。もちろんゲオは潤うばかり。
でも、世の中確かにこういう場面が存在する。明らかにゲオな奴も、明らかにTSUTAYAな奴も必ずいる。

TSUTAYAな奴は大体優しいから、そんな状況にあってもそのままキープゴーイング。優しくあり続ける。
ゲオな奴はそれに慣れてるから「あたしってそういうところ得なのよねっ」とか言っちゃって、優しさを受け取ってどんどん満ちていく。

 

ある日、TSUTAYAとゲオの立場が逆転する時があったとする。今までと逆で、ゲオで借りたDVDがTSUTAYAに返されていく。

そうするとどうなるか?

TSUTAYAは「いや、なんかこういうの悪いし、よくないよお」とか言い始める。何故なら優しいから。
ゲオは「あたしが今まで得してたのはわかるけど、だからってこれはおかしくない?」と不平を漏らしはじめる。

で、結局一回TSUTAYAとゲオは通常運転・・・すなわちTSUTAYAはTSUTAYAでDVDを回して、ゲオはゲオでレンタルをする状況にになった後、再び前みたいにTSUTAYAのDVDがゲオに流れていく。何故ならTSUTAYAは優しいから。

 

 

(※たとえ話です。ゲオの人を悪く言ってるわけじゃないですので悪しからず)

 

多分、どっちかといえば俺はTSUTAYAだ。というか、日本人の殆どが基本的にはTSUTAYA感覚だと思う。
でも注意。外国人とか海外で揉まれたやつとかは、結構TSUTAYAを悪く利用してくるからだ。

っていうか、海の外にはゲオタイプが多い。ゲオは我が物顔で自分の領地や物を確保することに夢中で、とにかく自分が自分がと生きている。そこにTSUTAYAタイプが入れば、当然悪く言えば搾取される。

 

TSUTAYAは最初は気持ちがいい。
人に優しくするのはいいことだな〜なんて、人生の生きがいみたいなのを感じ始めちゃったりする。
でも、だんだんしんどくなってくる。んでそのうち、DMM.comみたいな第三者が「人に優しいだけのやつは損する!」とかアドバイスしてきて、そうかもなあとか思ったりするけど、やっぱり優しくしちゃう。で、どんどんしんどくなって、気がつけばもう優しさパワーを振り絞る残力すら残らなくなってしまう。

 

 

 

 

気が付くと、TSUTAYAは疲れ果てて病んでしまう。
TSUTAYAはちょっと考える。
「そもそも、他の人に優しくしとけばよかった・・・」
でも考えなおす。
「いや、優しさに見返りを求めたらそれは優しさではない・・・これでよかったのだ・・・パタッ」

 

 

 

 

俺がTSUTAYAでありながらゲオなのが問題

 

TSUTAYAみたいなやつ、すなわち優しい奴が幸せになる方法は2つあると思う。

・徹底的に優しさを提供して、そうすることで自分が納得いく人生を送る
マザーテレサとかナイチンゲールとか、会ったこととないからわからんけどそっち寄りの人間だったんじゃないかなーと思う。とにかく無償の愛。ギブギブギブ!
ゲオみたいなテイク野郎が現れても関係ない。ギブすることが自分の人生何だから、徹底的に優しさを振りまく。

・TSUTAYA同士で仲良くする。
TSUTAYA渋谷店とTSUTAYAみなとみらい店で結婚する。ほんで、お互いギブ&ギブで無償の愛をばらまく。これはテイクがあるからギブをするのではなく、あくまでギブ。とにかくギブ。ギブったらギブ。そんな感じでやってく。うーん素晴らしい。

 

 

 

 

 

俺はこんなこと書いてるぐらいだから、マザーテレサタイプではないんだろう。ゲオみたいな奴がいると、正直苦しい。

 

でも

 

でもでも

 

 

でもでもでも

 

 

 

ゲオみたいな奴にイラッとするのは、実は自分がTSUTAYAの看板を掲げたゲオであるからなのだ。

 

俺は色んな人にたくさんの愛や優しさや勇気やら励ましやらを降り注いでもらってきた。
あるときは現金や物で助けられてきた。

でも、そのギブに何も応えられてない。ドヤ顔で貰いっぱなし。大きい優しさを貰っておいて、他者に小さい優しさを振りまいてるだけ。
言うならば、TSUTAYA本社みたいな人からドーーーンとDVDを出してもらって、それをゲオにちまちま流して「俺は優しい(ドヤ」みたいな顔してるけど、本社の出資には何も応えられていないのだ。これこそ仮面TSUTAYA。内情はただのゲオなのである。(※そろそろゲオとTSUTAYAの例え辞めますw)

 

 

 

早く恩返しをしたい。
んで、そのあとにどんどんギブしたい。
んでそんなことしながらも、自分にも無償の優しさを振りまいてくれる人と、ほんわかした世界を作りたい。んで苗字を蔦屋に改名(ry

 

 

 

 

 

 

 

与えられたら返して、足りない人には与えて、そんなことしてたら自分が損しそうだけど、それでも損しないぐらいすげえBIGな人になりたい。で、類は友を呼ぶ理論で、いつの日にか俺の周りは、優しさで満ち溢れた人でいっぱいになるのだ。
みんなタダで色々あげて、タダでもらって、そうやってくるくるものと優しさが回っていく社会を作るのだ。

 

 

 

そのためには、今できることを頑張っていかねばだね。

 

 

 

 

 

 

このブログの書き始めは、優しいと損する!これからは優しくない部分も出していく!厳しく!シビアに!

みたいな所に着地しようと思ってたんだけど、書いてるうちに考えが変わった(笑)

優しさは最大キープだ、やっぱり。

まだまだファイッ失ったことーも糧になって生ーきていけーると言いきっかせーる!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加