ゆとり世代のプロサッカー選手。丸山龍也のオフィシャルブログ。現在は欧州リトアニアでプレー中。

2014年12月13日

宇宙に行った奴がいる、革命を起こした奴がいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


世界一になった奴がいる。

差別をなくした奴がいる。

命を救った奴がいる。

 

人類で初めての偉業を達成してきた奴はたくさんいる。地球上に何人も何人も何人も。

impossible-is-nothing2

 

 

「不可能」とは、自らの力で世界を切り拓くことを放棄した臆病者の言葉だ。

「不可能」とは、現状に甘んじるための言い訳にすぎない。

「不可能」とは、事実ですらなく、単なる先入観だ。

「不可能」とは、誰かに決めつけられることではない。

「不可能」とは、通過点だ。

「不可能」なんて、ありえない。

 

 

 

 

・・・。世の中にすげえことしてきた人って何人いるんだろう。

世界に、日本に、横浜に、何人いるんだろう。何人もいるんだろう。

 

 

 

 

 

 

チャンピオンズリーグに出場できるのは32チーム。各チームの登録リミットは、多少の入れ替えが許されてるとしても25人。

 

32クラブ✕25人=800人。世界で毎年800人がチャンピオンズリーグにエントリーされる。

 

チャンピオンズリーグは毎年行われる。

 

日本人も何人も出てる。

 

下部リーグから這い上がった奴も何人もいる。

 

アジア人もアフリカ人もオセアニア人も出てる。

 

背が小さい奴も、才能がない奴も何人もいる。

 

 

 

 

 

もう一度。

宇宙に行った奴がいる。革命を起こした奴がいる。世界ではじめてのことをした奴や、後続の人類が真似できない記録を残した奴や、そいつだけしか出来ないオリジナルを持ってる奴が何人もいる。

 

 

 

 

 

俺はチャンピオンズリーグに出たい。

年間800人、無条件でエントリーされる舞台に立ちたい。

国籍や身体的能力や才能に肌の色。そこに何か障害はない。

 

前例は幾つもある。800人それぞれにチャンピオンズリーグへ出るまでの過程があって、ストーリーを歩んできた道標がある。俺のストーリーが特別なワケじゃない。

 

 

 

チャンピオンズリーグに出れば、代表が見えてワールドカップが見えてくる。

 

 

 

 

 

史上のすげえ奴に話してみたい。

「俺、毎年エントリーされる800人の枠に入ってチャンピオンズリーグ出たいんだよね!夢なの!」って。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すげえ奴「え、余裕だから!頑張って!きっと大丈夫!怪我しないようにね!気をつけて!ファイトッ!」 

 

 

 

 

それだけだと思う。物事なんて、ある側面から見ればそんなものだったりって思う。

 

 

 

 

 

 

楽勝。絶対できる。でも今のままじゃ絶対無理。

 

 

 

 

 

 

客観的に電卓弾いてパーセント出せば、0.000000いくつみたいな数字が出るのは何となく分かる。俺だって馬鹿じゃない。無理といえば無理なのかも。でも無理じゃないといえば無理じゃない。

ていうか俺なら出来る気がする。

俺が俺と同じぐらいのレベルの友人に「CL出ろよ!」って言って、自分の人生の全てをそいつがCL出ることに捧げても、多分CL出れない。でも俺が俺に全力なら出来る気がする。

 

 

 

 

 

やってやりたいから、やろう。それだけ!

もっとやれ、俺!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加