ゆとり世代のプロサッカー選手。丸山龍也のオフィシャルブログ。現在は欧州リトアニアでプレー中。

2018年3月23日

鳴りやまぬ携帯と、鳴りやむ携帯。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「激レアさんを連れてきた。」見て頂いた方ありがとうございました。オンエアから3日ほど。ようやくiPhoneのバイブが止まったように思います。テレビが凄いことはよくわかったし、テレビを見て反応してくれた人は、もう違うことを見てるのだろう。

人生全部を使ってヒトネタ仕込んだ俺。次テレビに出ることがあるのなら、どうやって出たら良いんだろう。アキラ100%も同じことずっとやって何回もテレビ出てるし、俺も同じ感じで出来るのかしら。いや、無理か。

 

 

スクリーンショット 2018-03-23 0.50.32

こちらはブログのアクセス数の変遷です。
最近全然ブログ書いてなかったからもともとほとんどアクセスなかったけど、一瞬でフィーバー。そして一瞬で下がっていった。

でも、それこそダルコにやられた時は、これの10倍ぐらい人来てた。アクセスカウンタ一回リセットなっちゃって当時のデータ見れないけど、ブログ公開翌日には6万アクセスぐらい来たはず。

 

 

S__52658210

3時間ほど、ヤフーの検索ランキングで2位でした。

さすがに野猿は越えられないか。そんなビッグニュースなきゃ1位取れたな(笑)

この検索の多くは「丸山龍也の彼女は!?年収は!?」みたいな3分で作ったようなまとめ記事に流れていきます。俺で稼いで美味しいもの食べられる人がいると思ったらそれはいいことなんだけど、もうちょっと面白くしてくれせめて(笑)

 

 

楽しかったけど、僕は逆に焦っております。

このチャンスを活かしてなんとかかんとかみたいなのはすげーダサいけど、多少ダサくても何かに繋いでいかないとなとも思うし。まあ、焦らずやれることやってこうね、まるちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

面白いものを作るために番組スタッフの人達がめちゃめちゃお仕事していて、凄い出演者の方々がいて、なぜかそこに自分もいて。
「TVショー」ってのはこうやって作っていくのかーと勉強になりました。

「ショー」だから、プレーンなままの自分じゃ役不足で、素人の俺でも、自然とそれ用の顔やセリフになっちゃいました。
収録は1ヶ月以上前だったのですが、そこが恥ずかしかったり嫌だったり、どうも心に引っかかってて、今もその引っかかりは無きにしも非ず…テレビ出るってスゲえ怖いなこりゃ。
良いことも悪いこともたくさん言われるだろうから、本当はネガティブで小心者で気にしいな自分は今もビクビクしています。皆さん、どうか僕は謙虚で大人しくしてますのであまりいじめないで。怖いな。

 

 


でも、そんなことより、自分みたいなショボショボのサッカー人生をこうやって興味を持って取り上げてくれる方がいて、それを観てケラケラ笑ってくれる人がいて、色んな人からメッセージもらって、、、そんな経験が出来ていること自体が、実はお釣りが来るぐらいのとてつもない幸せなのかなーと思います。
ご覧の通り勘違いクンなので、若かりし頃はNHKとかの固いドキュメンタリー番組に、しかもスペシャル特番とかの日に出たいぜ……とか思ってたりしたけど、今となっては「激レアさん」がすごく自分らしい番組だった気がしてなりません。良かったなと本当に思います。改めて声をかけて頂いた番組スタッフの方々に感謝したいです。

 

 

 


こぼれ話をすると、当初は他にも凄い激レアな人がいて、激レアさんが2人出演する回の後半に、僕の詐欺の話だけをちょろっとする予定でした。
でも、自分のこれまでを話したら、詐欺そのものより人生にフォーカスした方が面白いねと言ってもらえて、サッカーを始めてから辞めるまでをまとめて頂くことになりました。
こんなこと本当になかなかないだろうから凄いありがたいし、かなりかっこ悪めでダサいエピソードだらけだけど、そういう道を歩んで生きてこれたことは、素直に誇らしいです。

 


番組内ではカットされてしまってたことを改めて書かせてください。(収録は1時間20分だったそうで、オンエアの45分に収めるためにスタッフの方々も大変だったと思います)
僕みたいなポンコツ人間が、こうやって偉そうにテレビに出れるのも、日頃から厳しく指導して頂いてる先輩方、いつも優しく受け入れてくれる友人達、サッカーを介して繋がっていった様々な方達のおかげです。
それと、あまりにも未熟すぎてヨーロッパで無一文になった自分に、遠い日本から頑張れというメッセージを添えてカンパしてくれたたくさんの方々がいなければ、番組後半部分の自分の人生はあり得ませんでした。
自分の夢だったヨーロッパの1部リーグも、CLも、日本代表も、叶うことはありませんでしたが、それを目指し、努力し、悩んだり、時には少し成功したり嬉しくなったりした日々は、本当に幸せな毎日で、そんな幸せを感じられたのも、その時多くの人に支えて頂いたからです。本当にありがとうございます。

 

 


自分で言うのもなんですが、まだ25歳。健康に生きれば3倍、下手したら4倍は自分の人生が続いていく思うと、どんな楽しいことをやっていけるんだろうと心からワクワクします。
激レアさんから、超激レアさんに進化できるように、また今日から謙虚に精進していきますので、どうか皆さま変わらぬご愛顧のほどよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加