ゆとり世代のプロサッカー選手。丸山龍也のオフィシャルブログ。現在は欧州リトアニアでプレー中。

2015年3月10日

ブレてないのか、頑固なのか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
jesp


自分は大した選手ではない。

にも関わらず、ここ1年で応援してくれる人がとても増えた。先日のダルコ事件でもっと増えた。

恐らくほぼ99%が、マルヤマのプレーやルックスなどではなく、人間性やストーリー性、発する言葉などに何らかのアンテナが引っかかった人だと思う。

それ自体はとても嬉しい、ありがたい。光栄だし、誇らしいし、にやにやしてしまう。

 

 

けれど、現実的に「サッカー選手マルヤマ」を評価している人間はこの地球上にほとんどいない。だからこそ、今この瞬間俺は無職なわけで。

 

 

なのに、ここ数日露出が増えた。それで自分は勘違いしてしまうんじゃないか。

今日はそんなことを思わず考えてしまう一日だった。勘違いしちゃダメだ。まだ何も成し遂げてない。

 

 

 

 

 

 

 

現実的にチームでプレーできると決まってないわけで、なんだかもどかしい日々。1日の中で何回かは、めちゃめちゃ焦ってイライラする瞬間もやってくる。悲しくもなる。寂しくもなる。

 

ただ、こういう時に目標があってよかったと思う。1周回って、もう今チーム決まらなくてもいいや、ぐらいになってきた。

これはCLという目標があってこそ。

 

 

 

 

CLに出るために必要なのは、キャリアの積み重ねだけではない。

 

 

 

CLに出てる俺はどんなだろう。考えた。

身体も2倍ぐらい大きくなってるだろうし、サッカー観も5倍ぐらい育まれて、キックの精度も10倍ぐらい良くなってるはずで、英語も100倍ぐらい喋れるようになってると思う。

そう考えると、チームが決まってなくても筋トレしてることはCLに進んでると思うし、数カ月前にわっちゅあねーむ!!!しか言えなかった英語力も、微妙に良くなってる気がするから、CLに向けて前進出来てると思う。ヨーロッパの文化も、食事も、雰囲気も、なんとなく掴みつつある。色々と成長出来てるはず。

 

 

ただチームは決まってない、試合に出てない、これは大問題。

だけど、それ以外の部分では確実に少しずつ良くなってる。だからマイナスでもゼロ進捗でもなく、プラス。ちょびちょび進んでいる。

 

 

 

もし、ヨーロッパでプロになる!が目標だったら、もう日本に帰ってる気がする。

これだけやってチームが決まらないんだから、もっかい日本で鍛えなおして夏にトライだ!そう考えると思う。事実、そうやってる友人は多いし、過去に何度もそういう選手を見てきた。

それは間違いじゃないと思う。プロに今なれないから、プロになるために準備して、また戻ってくる。わかる。

 

 

でも、俺は今プロでやることが目標じゃない。

サッカーで飯を食う事は必要なことであって、やりたいことじゃない。

 

日本に戻れ、冷静なれ、考えなおせ。知ってる人からも見知らぬ人からもたくさん言われる。直接言われるし、エゴサーチで見つけたりもする。

 

でも、多分その人達は「マルヤマがヨーロッパでプロになる」という視点で物事を考えてるはず。俺も、自分の夢がヨーロッパでプロになることだったら、1回日本に戻るかもしれない。

 

 

 

だけど、俺はCLに出る、CLに出たい。

そう考えてるから、日本に戻って何か学べることはかなり薄いって思う。とにかくここに身をおいていた方がいい。そう感じる。みんな多分、俺がCLに出るのは不可能だと思ってるから、知らず知らずにヨーロッパでプロとしてやっていく方法を頭のなかで考えてくれちゃってるんだ。いや、ありがたいんだけど。

 

日本にいて転がってくるチャンスと、ヨーロッパにいて転がってくるチャンスではチャンスの質が違う。とにかくここに身を起き続けることが、自分の夢が叶う一歩だと今は信じたい。ブレてないのと頑固は紙一重だけど、これって結果の差でしかないと思う。結果が出るまで、これを続ける。ブレなかったのか頑固だったのかは後で分かる。

 

 

 

 

まだまだ粘るぞ。チームが決まらなくても筋トレしてCLに進む。試合に出れなくても英語勉強してCLに進む。

明日こそリトアニア行ってきます。ラトビアは保険!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加