ゆとり世代のプロサッカー選手。丸山龍也のオフィシャルブログ。現在は欧州リトアニアでプレー中。

2015年1月28日

人間万事塞翁が馬のターンです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
jesp


人間万事塞翁が馬。

 【読み】 にんげんばんじさいおうがうま

【意味】 人間万事塞翁が馬とは、人生における幸不幸は予測しがたいということ。

幸せが不幸に、不幸が幸せにいつ転じるかわからないのだから、安易に喜んだり悲しんだりするべきではないというたとえ。

 

 

元日本代表監督の岡田武史さんも大事にされているというこの言葉。

 

 

昔話から生まれました系のことわざでして、

簡単に説明すると、
馬が逃げたのは不幸だけど、幸せになりうることもある。
馬がたくさんの馬を連れ戻ってきたのは幸せだけど、
不幸になりうることもある。
実際に子供がその馬から落ちて怪我をして不幸になった。
しかしそのまた不幸が戦争に行かなくても済み、死なないで済んだという、
何が幸せか不幸かは予想がしないことの例えです。

(引用:http://whatimi.blog135.fc2.com/blog-entry-94.html)

 

 

まあ、悪いと思ってたことが超ラッキーになるかもしれないし、最高の出来事かと思ってたことが最悪のダメージとなるかもしれない。

 

2014年がどんな年だったかは、「まるでオセロの負けゲームのような2014年」という記事でまとめたのですが、オセロ以上にしっくり来るのは人間万事塞翁が馬という言葉かもしれません。

 

 

本日、1月27日は、そんな言葉を思わず思い出すような日でした。

まあ詳しくはそのうち!笑

 

 

 

今日に関してはアンハッピーな出来事でしたが、これがもしかしたらハッピーな出来事の始まりかも!

 

 

 

 

 

て、な!

 

 

 

 

 

(´・ω・`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加