ゆとり世代のプロサッカー選手。丸山龍也のオフィシャルブログ。現在は欧州リトアニアでプレー中。

2015年1月17日

結局、全部実力通りだということを忘れちゃならんのでは問題2015初春

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
jesp


時折、勘違いしそうになる。

「俺の実力はこんなもんじゃない」「今日は調子が悪かっただけ」「周りが良くない」「天気が良くなかった」「本来の力が発揮できなかった」と。

でもそれは殆ど全ての場面で、間違い。勘違い。ミス・アンダースタンド。

 

 

 

サッカーの世界において、“自分の実力が発揮できなかった”って瞬間はないと思う。

調子が悪かったならその日に調子を合わせる能力がなかっただけだし、周りのレベルがどうこう言う前に、メッシやクリスティアーノも同じ境遇になったら同じことを言うのか?ということを考えるべきで、天気が悪いのなんてその日の登場人物全員同じ環境であって、本来の力が発揮できなかったら、その日のシチュエーションでは自分が出せないということ。

 

つまり、何がどうなって何が起きて何のハプニングがあっても、その日に出した自分はナチュラルに全て自分の実力通りの自分である以外の何物でもない。長くてわけわからん言い方してるけど、ザックリ言うなら「いつもお前は実力通りだぞ?」ということだと思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

逆もまた然り。

 

 

 

 

 

 

 

芝が悪いのならその芝にあったスパイクを持っておくのも実力だし、審判のジャッジが悪いならコミニュケーションとってジャッジを良くするのも実力だし、味方の選手がやる気なくてもリーダーシップとってその気にさせるのも実力。

たまたま目の前にボールが転がってくるのも、味方選手の怪我でチャンスが回ってくるのも、何故か監督のお気に入りで試合に使われるのも全部実力。

 

 

 

顔がいいのも実力だし、親がコネ持ってるのも実力だし、日本人に生まれたのも実力だし、お金をたくさん持っているのも実力。

背が低いのも実力で、何のコネもないのも実力だし、外国人枠を背負う運命なのも実力だし、バイトせざるを得ないのも実力。

 

 

 

もうね、全部全部全部そいつの実力通りなわけですよ。

俺が今抱えている問題の殆ど全ては、クリスティアーノロナウドなら解決するんです。ってことは今悩んでいる理由は実力不足以外の何物でもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

文句垂れる前に実力の無さを嘆くべきで、実力の無さを嘆く前に実力を上げる努力をしないとダメで、努力する前にどこに対して努力するべきか考えないといけない。

 

 

 

 

ここまでやってこれたのも、色んな人の協力あってこそだけど、ひろーーーく視野を広げると実力通り。

ここからどうなるかも、運やお金や努力や縁やなんやら色々必要だけど、どうなったとしても実力通り。

 

 

あー新年明けましてあっちゅー間に半月経ってもーた。

1月の目標はチームを決めることただそれだけで、それ以上は求めてない。それが出来れば万々歳。

はよ決めな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加