ゆとり世代のプロサッカー選手。丸山龍也のオフィシャルブログ。現在は欧州リトアニアでプレー中。

2014年11月18日

もし将来の夢がジーコジャパンだったら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小3ぐらいの時、将来の夢はモーニング娘。!って言ってる女の子を見て「大人になる頃までモー娘。ってあるのかな〜」って思ってた。

ヘイヘイヘイとかでたまにやる「懐メロランキング」とかに出てくるアイドルさん達が、今テレビに出てないってのをなんとなくわかってたから、モー娘。もそのうちなくなるんだろーなーって思ってた。
でもモー娘。って今もある。夢叶えられたはずやね。



小5ぐらいの時、見知らぬ誰かが七夕の短冊に
「大人になったらジーコジャパンに入る! 4年△組⚪︎⚪︎」
みたいなこと書いてた。


サッカーの知識は深かったから、10年後(大人)まで監督がジーコってのはないだろう〜。ってのはわかった。
日本代表ならともかく、ジーコジャパン縛りしたら夢かなわんやろ!みたいに思ってた、荒んだ小学5年生でした。












そんなことをふと思い出した。そして思った。












でも。










でも、もし。














当時の4年△組⚪︎⚪︎くんが、10年ぐらい経った今も
「俺の夢はジーコジャパンに入ることだ!」と言ってて、しかもその夢を叶えるために本気だったらどうなるだろう。









そんな妄想開始のリュウヤ。












まず、日本代表にワンチャン引っかかるぐらいのサッカーの実力はなきゃいけない。J1なりヨーロッパの1stディビジョンでプレーしてないとダメじゃん。それは絶対条件じゃん。










しかも加えて、彼の夢は日本代表じゃなくてジーコジャパンなんだから、監督がジーコじゃなきゃじゃん。
それでも夢叶えたいわけだから本気になるわけじゃん。「監督をジーコにするためにはどうしたらいいだろう」って。














そしたら何するかな。











協会の技術委員とコネクションを作ろうとするかもしれない。

電通とか博報堂とか広告代理店と組んで、ジーコが監督に就任した場合の経済効果とか日本サッカーへの影響とかをプレゼンして、ジーコ招聘に動くかもしれない。

自分からジーコにコンタクトとって
「イラクとかインドとかで小遣い稼ぎの監督してる場合じゃないんだよ。プレミアリーグの監督やって結果残して!そうしたらまた日本の監督になれるから!」
って、ジーコ本人のプロデュースを始めるかもしれない。

それか、代表内で圧倒的な権力を持てるほどまで成長して、監督の任命権みたいなんを手に入れるぐらいになろうって考えるかもしれない。



電通とか博報堂と対等に戦える学歴も、英語やポルトガル語の力も、交渉術も処世術も、リーダー性とかカリスマ性も。
サッカー以上に色んなもんが必要になってくると思う。ジーコジャパンという将来の夢を叶えるなら。












何が言いたいかっていうと。






将来の夢が日本代表
将来の夢がジーコジャパン











これは似てるようで、違う。ジーコジャパンの方が具体的。
この夢を本気で叶えようとしたら、普通に日本代表になる以上の人間にならないといけないわけで。


もしジーコジャパンの夢が叶わなくても、多分普通の日本代表とは比べものにならないハイパースペックの選手が生まれると思う。














まあだから、本気になれば本気になるほど、目標は高くて具体的な方がすげーこと起きるよねって。
だからどうせ本気でやるなら、夢はでっかくて細かくて難しい設定にしていいんだと思う。そしたらどえらいことが起きるから。




















同じ本気度100%なら、目標の差がそいつの差になるんだよ。多分。










変なこと思い出してからのくだらない妄想から、そんなことを考えてました。俺の頭って変だね。
目標設定って大事だな的なお話2でした。


なんだか悲しい日だけど明日も頑張ろう。


Posted from するぷろ for iOS.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加